FC2ブログ
12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

タイミング療法って?

2012/06/17
こんにちは、女性の健康な体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)の長菅由美子です。

昨日は雨でしたが、夕方上がったので子どもたちと散歩に行きました。雨上がりは空気がひんやりしていて気持ちよかったです♪

樹や花が生き生きして色鮮やかに見えるさまは晴天時とはまた違った魅力がありますね。梅雨の時期ならではの楽しい過ごし方を見つけたような気がしました^^






さて、先週は婦人科受診についていくつか記事をUPしましたが、受診と並行してパートナーの方と共にアクションを起こすということも大切。

今回は妊娠をめざすためのファーストステップであるタイミング療法について触れてみたいと思います。

婦人科へ行こう~検査の種類~婦人科へ行こう~不妊症検査~でご紹介した検査で特に問題がないと診断され、自然な形での妊娠を希望する場合はタイミング療法にまずトライします。

すでに自分でタイミングをとっているよという方はけっこういらっしゃるのですが、基礎体温のデータだけで排卵日を判断するのは実はとても難しいことです。

一般的に言われている『基礎体温が一度ぐっと下がった時が排卵時期』というのはあくまでも一般論で、すべての人に当てはまるわけではありません。

まさにぐっと下がったところで排卵する人もいれば、下がった後高温期に向けて体温が上がる途中や上がり切ってから排卵する人もいるんですね。

個人差があるのですの記事でも書きましたが、私の場合は高温期に移る途中で排卵する周期が多かったです(病院で排卵チェックを受けていたのでかなり正確な結果です)。

「多かったです」と書いたのは、基礎体温のデータと実際の排卵とにずれがある周期もあったから。毎周期排卵があったとしても必ず同じパターンとは限らないんですね。

タイミングをより正確にとるにはやはりエコー検査で卵胞の大きさをチェックしてもらうのが一番です。排卵に至る卵胞の大きさは直径18~25mmと幅があり、どの大きさで排卵するかを一回の検査で判断するのは難しいのですが、基礎体温だけを見て判断するよりは自分の排卵のタイミングをつかみやすい方法ですよ。

そして最も大切なことは排卵日にこだわらないこと!

たとえばホルモン剤の投与などをしても排卵のタイミングはコントロールしづらいので、自然な排卵となると排卵「日」を確定することは至難の技なのです。

排卵日ではなく排卵時期を意識すること、そして排卵時期に複数回の性交渉をすることで妊娠率は高くなります。

これは女性だけでなく男性にも気持ちのゆとりができる考え方ですよね。「この日を逃したら」と大きなプレッシャーがかかるのはできるだけ避けたいこと^^

何回かチャンスがあるとゆったり構えてタイミングをとってみましょう。



ここまで読んでくださりありがとうございます。

記事に関するご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします。
スポンサーサイト
11:52 不妊 | コメント:(0) | トラックバック:(1)
コメント:

管理者のみに表示
トラックバック:
こんにちは、女性の健康な体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)の長菅由美子です。昨日は雨でしたが、夕方上がったので子どもたちと散歩に行きました。雨上がりは空気がひ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。