FC2ブログ
07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

排卵チェッカーの上手な使い方

2012/06/18
こんにちは、女性の健康な体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)の長菅由美子です。

蒸し暑いような肌寒いような、服を選ぶのが悩ましい日が続いていますね。除湿機やエアコンの除湿機能をすでに使われている方もいるのではないでしょうか。

エアコンの場合、室温を冷やしたくなければ弱冷房と同じ機能である除湿モードではなく、扇風機と同じ要領で働く送風モードがいいそうですよ。快適さと電気代の節約、一石二鳥です♪






さて、前回タイミング療法について触れましたが、仕事などで排卵時期に受診できないという場合もありますよね。

そんな時には排卵チェッカーという商品を使ってみてはいかがでしょうか。

排卵チェッカーとはその名のとおり排卵をチェックするもの。排卵前にはヒト黄体形成ホルモン(hLH)というホルモンが急増するので、その様子を尿や唾液を使って調べるというシステムです。

排卵チェッカーには尿を試験体部分にかけるタイプと唾液をレンズに塗って観察するタイプとがあります。また使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプとがあります。

image7.gif
レディデイ(LDネオ)


E146615H_M2.jpg
ドゥーテストLH(ロート製薬)


この排卵チェッカーのメリットは自分で排卵時期が調べられることですね。

そろそろ排卵の時期かな…という頃に検査薬を使えばhLHの分泌状況がつかめますのでとても便利。

しかしこのメリットはデメリットと背中合わせでもあります。使う時期を間違えると意味がなくなるからです。

排卵時期は生理が始まる12~16日前と言われていますので、生理周期日数がほぼ一定の方は計算しやすいですよね。たとえば30日周期の場合は、生理が始まってから14~18日めあたりに排卵があると考えてその頃に排卵チェッカーを使うとより確実に排卵時期を知ることができます。

しかし生理が不順の方はこの排卵時期じたいを計算することが難しい!
生理が不順ということは排卵時期も周期によって早かったり遅かったりするということ。排卵チェッカーを使う時期を慎重に考えなければいけないのです。

こういう方の場合は1~3周期前のそれぞれの生理周期日数を参考にして、短かった周期の排卵時期(考え方は上記の   部分と同じ)あたりから1~2日おきに排卵チェッカーを使います。

たまたま排卵チェックをしている周期が長めの周期だったとすると一週間ほどのずれが出ますが、排卵時期を逃さないためにはこまめにチェックするしかありません。

毎日チェックしたい!という方は繰り返し使えるタイプを購入されるといいと思います。

そしてもう一つ気をつけておきたいのは、排卵チェッカーの結果は絶対ではないということ。

hLHの分泌がピークに達してから平均24~36時間後に排卵が起きるといわれていますが、これはあくまでも一般論。さらに言うと排卵してくださいという命令を出すホルモンが出たことを知ることはできても排卵そのものが起こったかどうかは分からないのです。

また、尿を使用するタイプの場合は尿の濃度によってはhLHがうまく検出されないことがあります。唾液を使うタイプも正しく使用しないとやはり正確な検査ができませんし、ホルモンの分泌量によっては取扱説明書にあるようなはっきりとした結果が出ない場合もあります。

おすすめなのは、排卵チェッカーを単体で使うのではなく基礎体温のデータと併用して排卵時期を特定する方法ですね。
 
排卵検査薬はhLHを検出し、基礎体温は子宮内膜を厚くする女性ホルモン・プロゲステロンの反応を見ますから、併用チェックすることでより確実に排卵時期を知ることができますよ。

たとえば「排卵検査薬では陽性が出ているけれど基礎体温の数値がまだ上がらない」という場合は、排卵してくださいという命令は出ているものの排卵はまだ。こういった予測が可能です^^

せっかくの便利なアイテムですから上手に使いこなしたいですね。



ここまで読んでくださりありがとうございます。

記事に関するご質問がありましたらコメント欄よりお願いいたします。
スポンサーサイト



12:15 自分でできること | コメント:(0) | トラックバック:(1)
コメント:

管理者のみに表示
トラックバック:
こんにちは、女性の健康な体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)の長菅由美子です。蒸し暑いような肌寒いような、服を選ぶのが悩ましい日が続いていますね。除湿機やエアコ